Yz-hadna.net 半田 譲オフィシャルホームページ

Weblog

ボランティア迷惑論?!

Weblog 3つのコメント »

自粛自粛がだんだんと疑問視されてきてますね。いいことだ。自粛することだけが被災地のためになるとは限らないのです。

と思っていたら、ヤフーのトピックスに気になる記事が。ボランティアまで自粛しようってか?!ありえないでしょう。

県北〜岩手沿岸部の状況はわかりませんが、今日現在、宮城県仙台以南はガソリンも普通に手に入るようになっています。野菜や肉などもスーパーで手に入ります。沿岸部の被災地の中にも営業しているスーパーも有ります。ボランティアは自衛隊の仮設風呂が入浴可能なところもあり、県外から来てテン泊している人たちが増えてきています。つまり、自活しながらボランティア出来る環境が整ってきてるってことです。岩手は県内や市内からのみ参加可能のところがほとんどみたいだけど、宮城県はかなりの場所で県外からボランティアを受け入れています。

と、ここまで書いて、なんで俺がここまでの発信を?と思うんだけど、それは、仕事はいくらでもあるけど人がまだまだ足りていないようだと感じるからです。場所にもよると思うけど、県南の沿岸部では瓦礫撤去、家具や畳の撤去、泥の除去や清掃といったところが仕事内容。女子は食器類の片付けや屋内の清掃などの仕事もあるようです。長丁場になると思うけど、いや、長丁場になるからこそ早く片付くに越したことはないはず!

まあ、まともな仕事の人は長期滞在はできないよね。でも、日帰りでもいいじゃん。迷ってたらやったほうがいい。自然の力はとんでもないけど、マンパワーも捨てたもんではない!と思えると思う。

河北新報という宮城県の地方紙が、お店の営業情報などの生活情報をはじめ、ボランティアの募集情報なんかもツイッターで発信してます。
http://twitter.com/#!/kahoku_shimpo

「ボランティアは押し掛けていい」
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2011/04/post-2035.php

宮城県災害ボランティアセンター
http://msv3151.c-bosai.jp/

ページの先頭へ


あれから三週間

Weblog 5つのコメント »

ですね。

地元である蔵王町は1週間ほどでライフラインが復活したんだけど、なんせガソリンがなくて悶々としてました。その間にも支援や復興はもの凄いスピードでどんどん始まっていて、ツイッターなんかを見ていても、被災したとはいえ、もっとダメージが大きな場所の近くにいるのに何も出来ない歯がゆさがどんどん募るばかりでした。

最近は、なんとかガソリンの目処がたってきた(ような気がする)んで、実際に被害が甚大な地域、特にあまり話題にされない宮城県南の沿岸部で出来ることをやろうと思い足を運んでいるんだけど、そこで感じたことを書きます。

1.震災直後から感じたことですが・・
ツイッターやメールなどの積極的な利用によって、どんな情報でもスピーディー且つ広範囲に広がりやすくなった。これはもちろん素晴らしいことではあるんだけど、例え悪意がなくても間違った情報の拡散につながったり、情報が広がる過程でタイムラグが生じてしまい、結果的にその時点での状況とは違った情報になってしまうという事態になってしまっている。具体的には物資の偏りや、無いと言い始めた時には余りはじめていたりする。

2.不謹慎と言う不謹慎
花火大会が中止?花見が中止?大会やフェスティバルが中止?祭りは自粛?理由は不謹慎だから?それは被災地の人が言ったのか?不謹慎と言ってる人たちが一番不謹慎じゃないのかい(全てではない)?本気でこれからの事を、被災者の事を考えているのですか?閣僚の作業着とか意味ないから。

3.現在、そしてこれから
物資の行き渡りという点や、完全に家や仕事を失った人、本当に小さい避難所や個人レベルで自宅にいる人達に関して、まだまだの地域もあるでしょう。しかしながら、あれから3週間。本当に凄いスピードで復興が進んでいます(進んでいない地域もあるけど)。これからは、被災しながらも前に進もうとしてる、進める状況になりつつある人達のケアや一日も早い通常生活(に近い生活も含む)の回復という方向になってきている気がする。まあ、俺が言うこっちゃないけどね。

4.で、あんたはどうなの?
ぶっちゃけ、滑りたいですよ。完全に不完全燃焼ですから。でも最近は、滑れる人にはガンガン滑ってもらってスキー業界に少しでもお金を落とすことをして欲しい。ただ、滑れないスキーヤー、滑らなくてもいいスキーヤーは、一緒に泥かきしませんか?って感じです。スキーヤーとして出来ること?そんなの来シーズンでいいよ。来シーズンも十分危ういですから。もし万が一、今シーズン滑るときは自分の為に滑ります。滑りたいから滑ります。スキーヤーとしてなんちゃらとか、被災者に対してなんちゃらとか、カッコいいこと言うつもりはありません。スキーは俺のライフラインだから。

物資がもういらないとは思わないけど、例えば各地のボランティアセンターでは、自活出来る人達しか受け入れられない状況です。需要は沢山あるのに。先日ツイッターでも話題になったけど、キャンプ慣れした山男達は問題ないっしょ!?自炊してテン泊して復興活動。どうですか?

今日、一緒に活動した人の中に見たことある人が・・。亘理町のサーフスポットでサーフショップを経営していた方でした。「いや〜、基礎残して何にもなくなっちゃった。まあ、あれだけきれいに無くなると片付けとかしなくて済んだから、楽だけどさ」と聞いたときに、何も言葉を返せませんでした。自宅は海から離れているので被害は少なかったけど、お世話になった所に恩返しがしたいと言って参加していた。お店がすっかり無くなったのに。

余計な脚色や美談はいらない。マジで。小さくても一歩づつ進むのみ。自分の信念に基づいて、自分に出来ることをしながらね。

ページの先頭へ


Yzはじめ家族みんな無事です

Weblog 19つのコメント »

先ほど約1週間ぶりに電気が復旧し、ネット環境や携帯環境も先ほど復旧しました。

被災した人は誰もがそうだったと思うけど、今回の地震は本当に死を感じるものだった。

山から家に帰ってきて、まさに家の前に到着した瞬間。大揺れに揺れる家。一向に収まらない揺れ。見ている間に家の壁にヒビ。目の前の道路にもヒビが広がる。このまま続いたら確実に家が潰れると思い「やめてくれ〜」と叫んでた。幸い潰れる前に揺れは収まったけど。

この間、近所の友人宅の様子を見に行ったら、友人のオヤジが相変わらずのくだらない冗談で迎えてくれた。最高だよ、Kよしさん!

松山千春がラジオで「知恵がある奴は知恵を出そう。力がある奴は力をだそう。金がある奴は金を出そう。『自分は何にも出せないよ・・』っていう奴は元気出せ。」と話したらしい。

これからが勝負。出せるものは全部出します。

ページの先頭へ


Bツアー(宮城蔵王編)終了。

Weblog コメント待ってます »

この週末は全国的に良かったようですが、Yzのホームである宮城蔵王もなかなかいい感じ。降りすぎず降らなさ過ぎず。何事もすぎるのはよくありません。

続きを読む »

ページの先頭へ


ファットスキー、好き。

Weblog 4つのコメント »

になっちゃったみた〜い。とは言っていませんが、「これは楽しいスキーだ!」「もうスキーはそろそろいいかと思ったけど、また辞めらんなくなっちゃったな〜」などなど、絶賛の嵐。やって良かった〜。 続きを読む »

ページの先頭へ


スーパーキッズ2011 Vol.3

Weblog 6つのコメント »

終了しました。

今回はレディースの参加がなく部活っぽい雰囲気。しかも、うっすら降雪はあったものの前日の気温上昇からの〜カチカチ。これは厳しい状況か?!と思いきや、南斜面のシャバシャバ雪と、北向きの沢に溜まった新雪をしっかり頂きました。 続きを読む »

ページの先頭へ


Nisekoから戻りました

Weblog 4つのコメント »

いや〜、ビックリですね、仙台に着いたら。なんだこの暖かさ。若干、花粉センサーも働いたような気が・・。

地元、蔵王町の役場前の温度計は15℃を記録!おいおい。来週末はまた「すみかわキャットツアー」なのに、樹氷も落ちるんじゃね・・?
続きを読む »

ページの先頭へ